スカパーJSAT 新卒採用2020

スカパーJSATは
専門性、多様性、
一体性が共存している
会社だ!

清水 養

宇宙事業部門
宇宙・衛星事業本部
宇宙・防衛事業部
2001年入社

スカパーJSATに入社した理由を教えてください。

若いのに責任の大きい業務を任され、堂々と話している様も印象的でした。

私の就職活動時は、ちょうどネット上でのエントリーが本格的になってきた頃で、様々な業界、企業、先輩の話を聞こうと、OB訪問、会社説明会等、かなり過密なスケジュールを入れていました。
ネット上でエントリ―する前までこの会社の存在は知りませんでしたが、ユニークな名前(宇宙通信に入社)から便利なネット上のエントリーの対象に入れない理由はありませんでした。人工衛星の調達、運用というチャレンジングな事業、宇宙というフィールドにおける将来のスケーラビリティに魅力を感じた上、会社説明会で若手社員が紹介していた業務内容から、若いのに責任の大きい業務を任され、堂々と話している様も印象的でした。
これに加えて、最終的には様々な先輩社員との縁を感じて入社を決めました。

現在の担当業務についてお聞かせください

新規事業の検討、営業、関係企業との調整などを行っています。

官庁が利用する衛星の調達・運用を担うPFI事業を担う会社の総務、人事、経営企画、財務、経理といった管理業務の取りまとめ、調整を行う一方で、国内外の先端技術を取り込んだ新規事業の検討、営業、関係企業との調整などを行っています。
また、2017年度、2018年度は、部門横断的な社長直轄のプロジェクト(10年後の事業ビジョンの提言、コーポレートミッション・行動指針策定、浸透の推進)にも取り組んでいます。

ミッションを体現する為に取り組んでいることはありますか?

お客様に喜んでもらえる頼りにしてもらえるような新たな事業の発掘、新たな価値の創出に積極的に取り組むよう努めています。

自身が積極的に広い視野をもって、アンテナを高く張る(例えば、社内の他部門のメンバーや国内外の様々なパートナーとのコミュニケーション機会を多く持つようにする)ことで、少しでもお客様のお役に立てるような、お客様に喜んでもらえるような、お客様に頼りにしてもらえるような新たな事業の発掘、新たな価値の創出(既存業務の維持改善に加えて)に積極的に取り組むよう努めています。

Business schedule

業務スケジュール

10:00

フレックス出社

(長男を幼稚園へ送った後)

11:00

PFI事業運営にかかる金融機関との定例MTG

金融機関からローンを組んでPFI事業の運営を行っており、その事業の進捗状況の共有、課題の確認のために金融機関をまじえた打ち合わせ

13:00

全社向けワークショップ運営にかかる相談

新しく策定されたグループミッションと行動指針を社内に浸透させていくための一環として企画中のワークショップの運営について社内メンバーと打ち合わせ

15:00

セキュリティ技術事業者との打ち合わせ

情報秘匿にかかる先端技術を持つベンチャー企業との協業検討(当社顧客の抱える問題解決の一案として想定)の打ち合わせ

16:30

某官公庁との打ち合わせ

当社が取り組む新規事業の取組紹介及び意見交換

10:30

業務発注仕様書の社内レビュー

新規事業にかかる知見を深めるため、当該分野に専門性のありそうな企業に業務委託するための条件を社内メンバー(営業、技術、法務)と打ち合わせ

12:00

ランチタイム

同じチームの同僚と社外でランチ or メール確認しながらデスクでランチ(半々ぐらい)

14:00

低軌道衛星地上局ビジネスの定例打ち合わせ

低軌道衛星向け地上局ビジネスの営業、技術、運用間のステータス共有のための社内打ち合わせ

16:00

外出

17:45

帰宅

これはあくまでも一例。こんなに予定が埋まっていない時もあれば、国内外出張に出て全く異なる一日を過ごすこともあります。

就職活動に臨む学生へのメッセージをご記入ください。

特に大事にしている部分にフォーカスして、その会社を選べたのであれば、後々後悔することは少ないと思います。

どんな会社であれ、入社する前と後で想像していたことと何か違うと感じることは必ずあるでしょうし、あらゆることに100%の納得、自信をもって入社する会社を決めることも難しいものです。
自身の中で特に大事にしている部分(それは個々人によって異なると思いますが)にフォーカスして、できるだけその点だけを意識して、それを下支えできる材料が就職活動の中で得られて、その会社を選べたのであれば、後々後悔することは少ないと思います。